開放的な会議室

東京で起業するなら貸会議室の利用を前提にオフィスを探そう

パソコンを触る女性

起業家が多く集まる東京ですが、オフィス賃料が高額なことから、自分のビジネスのためのオフィス選びで悩む人は多いです。おすすめなのは、会議室スペースがない小さめのオフィスを優先的に探すことです。それというのも、起業場所が東京なら、敢えて自社オフィス内に会議室を持たずとも、貸会議室を借りることで、十分間に合うと考えられるからです。
自社オフィス内に会議室がある場合、当然のことながら、借りるオフィスはその分広くなります。それに比例してオフィス賃料は上がり、かつ、オフィス賃料は毎月出ていく固定費であり、光熱水費などと違って、節約して減らす方法がありません。その点、貸会議室は全く事情が異なります。
必要な時に予約を入れて使うだけなので、維持管理費が不要な上に、東京は貸会議室が沢山あるため、利用料自体がかなり安く設定されているところが多いです。実際、会議室スペースがあるオフィス物件の賃料1年分と、会議室スペースなしのオフィス賃料1年分プラス貸会議室の利用料金を試算して比較してみれば、どれだけの節約になるか、一目瞭然でしょう。
起業時は、ビジネスが軌道に乗るまで、不要な経費を可能な限り削減するのが鉄則です。そのためにも、東京の貸会議室をフルに利用することを前提にオフィス選びをしてはいかがでしょうか。